アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アイスごはんダイエット

ダイエットといえば何を思いつきますか?
運動・サプリメント・食事制限…。
さまざまな種類ものが私たちの周りに強く根付いています。
では、これからはやるものはなんだろう?と思い、調べてみると、「アイスごはん」という一見目を疑うようなキーワードが出てきました。
アイスごはんとは、冷えている温かくないごはんのことで、アメリカで注目が集まっているそうです。
例としましては、コンビニのおにぎりやお弁当のごはん、冷製リゾットなどがあります。
では具体的に、この冷たいごはんのどんなんところがダイエットに向いているかというかを見ていきましょう。
まずは、この冷たいごはんに含まれる「レジスタントスターチ」というデンプンが健康的に痩せるために重要なのだそうです。
通常の温かいご飯に含まれるデンプンは1グラムあたり4キロカロリーです。
一方でアイスごはんに含まれるデンプンは1グラムあたり2キロカロリーと、温かいご飯の半分となっています。
また、冷たいごはんは温かいご飯に比べて固いので、よく噛むことになり、満腹感が増し、腹持ちがよくなります。
さらに、冷たいご飯はインスリン分泌を抑える働きがあるので、特に下半身に体脂肪が付きにくくなります。
冷たいご飯はなんだか食べた気がしない…という方もいるとは思います。
正直なところ、温かいほかほかの炊き立てご飯のほうがおいしいですよね。
しかし、今見てきたように、アイスごはんにはたくさんのメリットがあります。
毎食置き換えてみてください、とは言いません。
一日一食からで構わないと思います。
もちろん、凍らせたり、キンキンに冷やす必要はありません。
体を冷やさないことも体調管理にとっては必要なことなので、温かい汁物やおかずなどと一緒に採ることをおすすめします。
プリンやフルーツなどの凍らせブームも一時期ありましたが、もしかしたら、アイスごはんと同じように食べすぎ防止という隠れたメリットもブームの理由であったのかもしれませんね。

ページ上に戻る